2019年04月05日 - 板橋・東武練馬の個別指導学習塾ブログ

個別指導 アップスクール
2019年04月05日 [Default]
アップスクールにも、公立中学で学年上位の生徒はいます。
でも、大半は、中間層か、それより低い学力の子たちです。

新中1生ならともかく、新2年生、新3年生になると、春休みの短い期間に、じっくりと復習する余裕はありません。
これまでに習った単元がたまっているので、一通りでも目を通そうとしたら、時間との競争になります。

だからといって、単元を消化することを最優先にしても、教材のページは進むかもしれませんが、力はさほど身につきません。
逆に、本人の理解のペース中心に進めてしまうと、わからないところの克服につながりにくいです。
どっちもどっちです。

そこで、アップスクールでは、生徒によって進め方を変えます。

そのうちの一つが、1学期に学力アップを本人が実感できることを最優先する授業です。
つまり、復習より、1学期の予習中心に学習を進めます。
もっとも、数学や英語は、これまでの積み重ねが大切な教科なので、必要な範囲に集中して復習をします。
結果的に、復習のかなりの時間を割きます。

1学期に、生徒自身に「やればできる」ことを実感してもらい、それを弾みにして、夏休みを迎えます。

成績を上げるためのテクニックはあります。
でも、テクニックだけで高校受験までを乗り切れるものではありません。
小手先のテクニックは、不器用だけどやる気にあふれた勉強にかないません。

そのためにも、勉強に前向きな気持ちを作ることを重視しています。

このページの先頭に戻る